【読書嫌い必見】オーディオブックで英語学習

英語学習

 

読書って眠たくなるし、集中力が続かないし苦手!

本を読んだら知識がつくし、英語の勉強にもなるってわかってる!

それでも読書が嫌いなんだ~!

 

そんな人でも洋書を読んで英語学習できる方法があるので、紹介します。

本を聞く

Audible(オーディブル)とはAmazon社が提供しているオーディオブックサービスです。

月額1,500円を払うと、コインが1枚付与されて本1冊と交換することができます。

読書週間がない人にとって、1,500円は高いと思うかもしれませんが寧ろお得です。

Audible (オーディブル) 会員登録

 

月額1,500円がお得なワケ
  • 1,500円以上のオーディオブックが山ほどある。
  • 利用しなかったコインは翌月に繰り越し。
  • 追加購入する場合は30%オフで購入可。
  • 購入から365日以内は返品・交換可能。
  • 購入した作品は退会後も聞ける。

 

という事はこれらを節約できます。

 

  • 書店に行く時間
  • ネットで注文し届くまでの時間
  • 送料
  • 本をわざわざ開く時間
英語学習にピッタリ!

こんなにお得なAudible、英語学習に利用しない手はないです。

英語作品の数がすごい!

38か国語の海外コンテンツと国内コンテンツを合わせ、40万タイトル以上をご用意しております。と謳っていて、現時点(2019/2/7)での作品数を言語別にみると、この様になっています。

英語 (361,103)
日本語 (10,937)

英語作品を見てください。日本語の33倍の量です。

米国では*2012年から始まっていたサービスとだけあって、英語作品の量は膨大です。

 

朗読速度を変えることができる
速度を0.5倍から3.5倍まで10段階に変更することができます。

普通のスピードでリスニング力を鍛えるのもいいですが、速度を落としてシャドーイングやディクテーションをすることもできます。

 

本人が朗読しているコンテンツ

洋書の自伝には、本人が朗読している作品が多くあります。

Seriously. I’m kidding

アメリカで大人気のテレビ番組「The Ellen DeGeneres Show」でホストを努めているエレン・デジェネレスのエッセイ本。

エンターテーナーの彼女らしいユーモアのある内容です。

 

Becoming

オバマ元大統領のファーストレディーであるミシェルオバマの自伝。

大統領選挙への道・ホワイトハウスでの生活が丁寧に記されています。

ミシェルがいかに謙虚で、周りに愛されている人間かがわかる作品です。

 

We Love: My Family Divided

Netflixシリーズ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のマリッツァや、「ジェーン・ザ・バージン」でリナを演じているダイアン・ゲレロの自伝。

不法移民だった両親の話、コロンビアに強制送還された母との関係、役者デビューするまでの道のりが細かく記されています。

 

Bossypants

2006年から2013年に放送されたドラマ「30 ROCK」や、バラエティ番組の脚本家として有名なティナ・フェイの自伝。

皮肉たっぷりの毒々しいユーモアであふれている作品です。

 

Born a Crime

風刺ニュース番組「ザ・デイリー・ショー」の司会をつとめる、トレバー・ノアの自伝。

アフリカ系の母とドイツ系スイス人の父の間に生まれたノアが、アメリカで成功するまでに乗り越えてきた、性差別や人種差別など様々な体験が記されています。

映画化の話も着々と進んでいるようです。

 

Why Not Me?

最近では映画「オーシャンズ8」でアミータを演じていたミンディ・カリングの自伝。

2015年にはamazonのベストセラー20選にランクインするほど大人気となった作品です。

夢に向かっていく人の背中を押してくれる内容です。

 

以上です。Audibleは初月無料で利用することができるので、まずは1冊読んでみてはいかがでしょう。Audible (オーディブル) 会員登録

 

参考資料:Audible.co.jp

*2012年にAudibleの前身である「ウィスパーシンクフォーボイス」がサービス開始。

コメント