【マレーシア】留学に必要ない持ち物

マレーシア

ハロー!英会話講師のおはな(@ohana_english)です。

今日は久しぶりに留学に関する情報をシェアします!

留学系お得情報

こちらのツイートをご覧ください。

留学情報を配信しているビスタさんが留学エリア別のリストを作ってくれました。

そこの、アジアリストに私のツイッターが入っています!

アジアの留学を考えている方はこのリストをフォローすると、アジア留学経験者のツイートだけを見ることが出来ます。

ビスタさんのツイッターはこちら

 

 

 

そしてもうひとつ!

ニューヨーク留学中のブロガー、ハニ太郎さんが総勢60名の留学ブログまとめを記事にしたのですが、なんとこちらもマレーシア枠で紹介していただきました

この記事を見れば、簡単に留学経験者のブログにたどり着くことができます!

ハニ太郎さんのツイッターはこちら

これからも留学情報を更新していくので、よろしくお願いします!

 

 

マレーシア留学に持っていかなくていいもの

変圧器

留学にもっていく電子機器として主要なのは充電器・ドライヤー・髭剃り・ヘアアイロンですよね。

そのような電子機器はもともと使われる電力が小さく、また海外の電圧にも対応していることが多いのでそのまま使えます。(ご自身で説明書を確認してくださいネ!)

特に最近のドライヤーは変圧が切り替えられるタブがついていることが多いです。

私のドライヤーには変圧機能がない~!という方、現地でドライヤーを買いましょう

 

 

ポケットティッシュ

マレーシアの公共トイレでは、ティッシュがないことが多いです。

ポケットティッシュいるじゃん!と思うかもしれませんが、そんな量では足りません。トイレットペーパーを持ち歩くのが一番賢いです。

 

 

生理用品

マレーシアでは日本の生理用品が普通に手に入ります。主にロリエ・ソフィの商品はコンビニでも簡単に手に入ります。一方でタンポンは韓国製が多く日本のものはないので、タンポン派の方は持っていくことをおすすめします。

 

 

日本食
マレーシアには、日本の大手流通グループのイオンがたくさんあります。
商品の多くは現地のものですが、各店舗に日本食コーナーが設けられていることが多いです。
具体的には、調味料・乾麺・冷凍食品までも売っているので持っていく必要はありません。
 
 
鎮痛剤
オーストラリアのパナドール(Panadol)という鎮痛剤がなんとコンビニで買えます。手頃な値段でちゃんと効き目があるのでおすすめです。薬効成分のアセトアミノフェンが1錠に500ミリグラム含まれているので、1回半錠を1日3回まで服用すると日本の基準内です。
 
 
まとめ

ツイッターで親子向け英語動画を更新しているので、チェックしてね。

Twitter➡おはな先生

 

コメント