【英語教育】英検ジュニアと英検は違うの?

子供の英語教育

こんにちは、おはなです。

皆さんは、英検ジュニアって知っていますか?

俗に英検と呼ばれている実用英語技能検定とはちょっと違うんです。

お子さんのレベルを知るため、またモチベーションを高めるためにも、ぜひ受験をおススメします。

英検ジュニアとは

英検ジュニアとは公益財団法人日本英語検定協会が1994年から開始した小学生向けの英語検定です。

受験方法は、オンラインもしくはグループ受験になります。

グループ受験というのは英会話教室などで受験者を集めて、紙媒体で回答する方法ですので、ご家庭で英語学習をされている場合はオンラインでの受験になります。

小学生向けといっても年齢制限はありませんので、未就学児でも受験できます!

 

 

文字が読めなくても大丈夫

筆記なし!リスニング試験のみ

問題はもちろん、日本語の説明文も音声で流れますので文字が読めない小さなお子様も安心です。

シルバーの一部でアルファベットレベル、ゴールドの一部で簡単な文レベルの読む問題がありますが、筆記試験はなくすべて選択問題です。

試験時間たったの30分から45分

各グレードの試験時間は、ブロンズ約30分、シルバー約35分、ゴールド約45分です。学校の1限ほどの長さですから、集中力がきれることなく取り組むことができます。

合否判定なし!

結果が出るとReport Cardが発行されます。合否ではなく正答率が出ますので、「あぁ~不合格だったな」ではなく「〇%取れたぞ!」という前向きな気持ちで英語学習を継続できます。また、同じグレードを何度も受けても、正答率によって伸びを確認することができます。

 

ブロンズ、シルバー、ゴールドどれを受験するべき?

英検ジュニアのグレードは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つに分かれています。

下記の表は英語検定協会がHPに掲載している各グレードの受験目安を表したものですので、参考にしてみてください。

表を見ても結局どのグレードを受験したらいいかわからない 😕 という方は、

小学生以下、または初めての受験をされる場合ブロンズから受験するといいかもしれません。

また、ダブルダブル受験も可能ですので、検討してみてください。

※ブロンズとシルバー、シルバーとゴールドの組合せのみ可。
画像元:http://www.eiken.or.jp/eiken-junior/merit/grade/

 

 

日時や料金

英検ジュニアの試験料は下記のようになっています。

(2018/5/30現在)

ペーパー版は、ブロンズ:2500円、シルバー:2700円、ゴールド:2900円
オンライン版は、ブロンズ:2300円、シルバー:2500円、ゴールド:2700円

更新されている可能性がありますので、試験日時とあわせてこちらからご確認ください。

まとめ

親御さんにとっても、お子さんにとってもレベルを知ることはとても大切ですし、自信にもつながります。

家庭学習ではなかなかお子さんの英語レベルを認識しにくいと思います。

英語検定協会のHPではサンプル問題を聞くことができますので是非そちらも参考にしてください。

 

余談ですが、受験すると結果とともにシールが発送されます。(ペーパー版だけ?)

私の生徒たちは意外とシールにこだわっているので、子どもにとってご褒美って意外と重要ですね。

 

公式の問題集は発売されていませんが、市販の問題集がありますのでそちらで練習できるかと思います。

正答率にかかわらず、練習する時間は絶対無駄にはなりません。頑張りましょう! 

コメント